このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

インテリジェント監視

セーフシティを構築するには、公共安全を脅かす行為をリアルタイムで感知し、特定の事故の過程全体を記録して、タイミングよくアラームを生成できる包括的な保護システムが必要です。これらの機能はすべて、事件が発生する前に犯罪者を抑止して、事件の発生時には緊急時対応を支援し、事件が発生した後はこれを解決するための証拠を提供するのに役立ちます。現在、従来のビデオ監視システムが直面している多くの問題としては、低画質、困難なビデオバックホールとロケーティング、情報漏洩のリスクなどが挙げられます。加えて、都市化が進んだことにより、ビデオの伝送と保管およびプラットフォームの互換性に関する要件が高まっています。

インテリジェント監視警告ソリューションは、業界で最も包括的なネットワークアクセス機能を提供しており、監視カメラであらゆる場所をカバーすることで、都市の死角をなくします。このソリューションはH.265規格に準拠したHDビデオ監視に対応しているため、必要な帯域幅が半減します。リアルタイム認識機能と、IoTをベースにしたインテリジェントな分析のプラットフォームによって、危険要因を自動的に検知して警告を生成できます。また、監視ビデオをクラウドベースで保管および管理することで、地域の枠を越えでビデオを共有したり検索したりすることができ、その結果として事件解決の効率が大幅に高まり、公共の安全が保証されます。

  • インテリジェントなマイクロサイト
    電気の確保が難しい都市の遠隔地域では、マイクロサイトは、ソーラー発電によって、またはソーラー発電と一般電源の組み合わせによって、ビデオ監視端末に電気を継続的に供給できます。
  • 事件の警告

    インテリジェントな分析機能を備えたカメラを最前部に配置して、監視対象者の侵入や徘徊などの異常な行動を自動的に検知して分析できます。

  • セキュリティ連係

    手動アラートや電気柵などの物理的な各種セキュリティシステムを統合し、警告モジュールや本格的なアラーム処理モジュールと連係することで、統合警告システムによって管理および選別される様々なアラーム情報への統一アクセスを可能にします。このソリューションは、コンバージドコマンドのマルチメディア電話対応システムと組み合わせることで、アラームの自動報告を実装することもできます。

  • クラウドベースのビデオ監視
    クラウドベースのビデオ監視は、地域の枠を越えてビデオを共有し、オンデマンドでビデオを利用できるようにするとともに、公共安全システムによって犯罪を効果的に防止して効率的に調査することを支援します。
  • ビデオ分析
    ビデオコンテンツ管理(Video Content Management、VCM)システムは、ビデオのシノプシスや検索などの複数の機能を備えています。これにより、ユーザーは膨大なビデオデータから有用な情報を抽出できます。また、このプラットフォームを他の公共安全システムと統合することで、情報共有が可能になります。

詳細

  • アラームの自動報告

    公共安全に対する潜在的脅威のリアルタイム検知とアラームの自動報告によって、リスクを未然に防止

  • 360度の保護

    柔軟な有線アクセスと無線アクセスにより、複雑なシナリオにおける包括的な監視を実現

  • 手がかりを素早く検索

    検索時間を半分に短縮し、必要な労力を低減