このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

FusionServer 2488 V5ラックサーバー

FusionServer 2488 V5はファーウェイの最新の2U 4ソケットのラックサーバーとして、仮想化、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、データベース、SAP HANAなどのコンピューティング集約型アプリケーションに理想的な製品です。FusionServer 2488 V5を1台使用した場合、従来の2U 2ソケットのラックサーバーを2台使用した場合と比較して、OPEXを約32%*削減できます。


FusionServer 2488 V5はスケーラブルプロセッサーを2Uのスペースに4基搭載し、最大32基のDDR4 DIMM(2,666MT/s)、最大25基の2.5インチローカルストレージ用ハードドライブに対応しています(8基のNVMe SSDで構成可能)。ダイナミック電力管理テクノロジー(Dynamic Energy Management Technology、DEMT)や障害診断管理(Fault Diagnosis & Management、FDM)などのファーウェイ独自の技術を採用しています。さらに、ファーウェイのeSightソフトウェアを統合することでライフサイクル全体の管理に対応し、OPEX削減やROI向上を実現できます。

* 出典:ファーウェイのグローバルコンピューティングイノベーションオープンラボでの試験結果(2017年Q2)

Huawei

製品仕様

項目 FusionServer 2488 V5
フォームファクター 2Uラックサーバー
プロセッサー 2基または4基のスケーラブルプロセッサー(最大205W): Platinum 8100、Gold 6100、Gold 5100シリーズ
メモリー 32基のDDR4 DIMMスロット(最大2,666 MT/s)
内蔵ストレージ サポートされるハードドライブ構成(ホットスワップ可能):
  • 前面に8基の2.5インチSAS/SATA HDD
  • 前面に25基の2.5インチSAS/SATA HDD
  • 前面に8基の2.5インチNVMe SSDおよび16基の2.5インチSAS/SATA HDD
フラッシュストレージ:
  • 2基のM.2 SSD
サポートRAID
  • RAID 0、1、10、1E、5、50、6、60
  • スーパーキャパシタで電源停止時にキャッシュを保護
  • RAIDレベル遷移、ドライブローミングなどの機能にも対応
LOMネットワークポート GE 2ポート + 10GE 2ポート
拡張PCIeスロット 最大9スロット(PCIe 3.0)
ファンモジュール 4基のホットスワップ対応ファンモジュール(単一ファンの故障から保護)
電源ユニット 2基のホットスワップ対応PSU (1+1冗長対応)。サポートされているPSU:
  • 2,000W AC Platinum PSU
  • 1,500W AC Platinum PSU
  • 900W AC Platinum PSU
  • 1,200W DC PSU (注1)
管理
  • ファーウェイのiBMCチップを搭載し、障害診断、自動O&M、ハードウェアセキュリティ強化などの包括的な管理機能を提供
  • Redfish、SNMP、IPMI 2.0などの主要な標準インターフェースに対応することで、サードパーティ製管理ソフトウェアとの容易な統合を実現
  • HTML5とVNC KVMをベースにしたリモート管理インターフェースを提供
  • スマートプロビジョニングやエージェントレスなどの機能をサポートすることで容易な管理を実現
  • オプションでファーウェイのeSight管理ソフトウェアを使用して構成することで、ステートレスコンピューティング、OSの一括展開、自動ファームウェアアップグレードなどの高度な管理機能を提供して、ライフサイクル全体でスマートかつ自動化された管理を実現
動作温度 5°C ~ 45°C、ASHRAEクラスA3およびA4に準拠
認証 CE、UL、FCC、CCC、RoHS
取付用具 L型ガイドレール、調整可能ガイドレール、保持レール
寸法(高さ x 幅 x 奥行) 86.1mm (2U) x 447mm x 748mm
注 1: 1,200W PSUは、2018年Q3にリリース予定です。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。