このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

KunLunミッションクリティカルサーバー

KunLunは、さまざまなx86ミッションクリティカルサーバーの中でも最高の信頼性を備えています。最先端のRAS 2.0技術とBMC管理チップを採用したこのサーバーは、UNIXサーバーの信頼性を備えたオープンなx86エコシステムを提供します。KunLunは、基幹系データベース、サービスアプリケーション統合、インメモリーコンピューティング、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ファットノードなどの多くのシナリオに最適です。

KunLunは、S4H/SoHアプリケーションを実行するための最大16TBのSAP HANAの運用と、BWoHアプリケーションを実行するための最大8TBのSAP HANAの運用向けに認定を受けています。KunLunは業界トップクラスのSAP B4Hベンチマーク性能を提供します。KunLunはK-Par(物理パーティショニング)とL-Par(論理パーティショニング)をサポートすることで、リソース使用率を最大化してO&Mを簡素化します。また、主要なオペレーティングシステム、仮想化ソフトウェア、データベースに対応しています。UNIXサーバーと比べて、KunLunはTCOを30%以上削減します。

Huawei

製品仕様

項目 KunLun 9008 V5 KunLun 9008/9016/9032
フォームファクター 8ソケットサーバー(オプションでキャビネット提供) 8S/16S/32Sサーバー(オプションでキャビネット提供)
メモリー 96基のDDR4 DIMMスロット(最大12TBのメモリー容量) 192/384/768基のDDR4 DIMMスロット(最大8/16/32TBのメモリー容量)
ローカルストレージ
• SASベースのコンピュートモジュール: モジュールあたり最大4基のSAS/SATAドライブ、サーバーあたり6モジュール
• NVMeベースのコンピュートモジュール: モジュールあたり最大4基のNVMeドライブ、サーバーあたり8モジュール
• ストレージ拡張型前面I/Oモジュール: モジュールあたり最大24基のSAS/SATAドライブ
• NVMeベースの前面I/Oモジュール: モジュールあたり最大8基のU.2 SAS/SATA/NVMeドライブ
• 2基の内蔵M.2スロット
12/24/48基の2.5インチSAS/SATA/SSDドライブ
RAID RAID 0、1、10、5、50、6、60
LOMネットワークポート 10GE SFP+ 2ポート、GE RJ45 2ポート 2/4/8基のGE/10GEネットワークモジュール(それぞれGE 2ポート、GE 4ポート、または10GE 2ポートを搭載)
拡張PCIeスロット 背面I/Oモジュール: 10基の背面PCIe標準スロット
前面I/Oモジュール: 2基のRAIDコントローラーカードスロット
各SASベースコンピュートモジュール: 1基のRAIDコントローラーカードスロット(サーバーあたり最大6モジュール)
背面I/Oモジュール: 6/12/24基の背面PCIe標準スロット
前面I/Oモジュール: 6/12/24基の前面PCIe標準カード(I/O拡張筐体が構成されている場合は使用不可)
コンピュートモジュールはPCIeスロット非対応
パーティショニング K-Par: サーバーあたり2個の物理パーティション
L-Par: ホストあたり最大40個の論理パーティション(注1を参照)
K-Par:サーバーあたり2/4/8個の物理パーティション、不均一な物理パーティションに対応
L-Par: ホストあたり最大40個の論理パーティション
管理 • 障害診断、自動O&M、ハードウェアセキュリティ強化などの包括的な管理機能を提供
• SNMPやIPMI 2.0などの主要な標準インターフェースに対応することで、サードパーティ製管理ソフトウェアとの統合を容易化
• HTML5とVNC KVMをベースにしたリモート管理インターフェースを提供
• CDを使用しないスマートプロビジョニングやエージェントレスなどの機能をサポートすることで管理を簡素化
• オプションでファーウェイのeSightソフトウェアを使用して構成することで、ステートレスコンピューティング、OSの一括展開、自動ファームウェアアップグレードなどの高度な機能を提供して、ライフサイクル全体の自動化されたスマートな管理を実現
リソース拡張筐体(REE) 各REEは、最大30基のホットスワップ非対応PCIeスロットまたは最大10基のホットスワップ可能なPCIeスロットを装備(注意2を参照)。 最大1/2/4台のREE: REEあたり最大30基のホットスワップ非対応PCIeスロット、または最大10基のホットスワップ可能なPCIeスロット
ファンモジュール 1グループのホットスワップ可能な逆回転ファン: それぞれN+1冗長に対応した8基のファンを搭載 1/2/4グループのホットスワップ可能な逆回転ファン: それぞれN+1冗長に対応した8基のファンを搭載
寸法(高さ x 幅 x 奥行) • キャビネットと音響ドアを装備: 2,000mm x 600mm x 1,550mm
•1つのSCE: 352mm x 447mm x 855mm
動作温度 5°C ~ 40°C (ASHRAEクラスA3に準拠)
OSおよび仮想化ソフトウェア Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、SUSE Linux Enterprise Server (SLES)、Microsoft Windows Server、VMware ESXi
注意事項 注1: 論理パーティショニングについては、KunLun 9008 V5は、2018年Q2までには基本的な機能を提供する予定であり、2018年Q3までにはオンライン容量拡張機能を提供する予定です。
注2: KunLun 9008 V5は、2018年Q2までにはI/O拡張筐体をサポートする予定です。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。