このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

背景

V銀行は1991年に設立され、ロシア極東地域最大の商業銀行です。この銀行は合併と買収を繰り返すことにより、事業を急速に拡大してきました。10の連邦構成体に700を超える支店があります。

課題

V銀行はM&Aを繰り返すことにより、事業を拡大し、ロシアの極東地域でリーダーとしての確固たる地位を築きました。最近、同銀行の事業規模が65%から93%まで拡大したため、一部のシステムで応答速度が遅くなっています。

事業の中断とデータの消失による顧客離れを回避するために、V銀行では高信頼・高性能のITシステムの整備が急務となりました。銀行の経営陣は運用の効率性と安定性を確保し、今後5年間の増加するビジネスニーズを引き続き満たさなければなりませんでした。

解決策

変革

V銀行では、4台のOceanStor Doradoオールフラッシュストレージアレイを使用し、そのうち2台を1つのデータセンターに配置しました。ファーウェイでは、銀行の勘定系システムをホスティングするためにゲートウェイを介さないActive-Activeデータセンターソリューション(2つのデータセンター間の距離は40km)を構築しました。

1台のDoradoストレージシステムで効率性が8倍以上アップし、今後5年間のV銀行のニーズに容易に対応可能になるでしょう。Doradoシステムのゲートウェイを介さないActive-Active設計では、24時間365日の事業継続性を保証します。

今後5年間の成長に向けた高性能と安定性の確保

2016年のユニアストルム銀行(Uniastrum Bank)との合併を含め、M&Aを重ねたことで、V銀行のシステムに大きな負荷がかかっています。こうしたM&Aにより、同銀行のユーザー基盤は大幅に拡大し、事業規模は65%から93%まで拡大したためです。V銀行では、自動銀行業務システム(Automatic Banking System、ABS)をユニアストルム銀行の基幹系システムと統合する必要がありました。これにより、ビジネスシステム管理の複雑性が40%増加することになります。このような変化がV銀行のITシステムに大きな課題をもたらしました。

V銀行のIT部門責任者は次のように述べています。 「このような大規模な合併により、ITシステムの作業負荷が急激に増大しました。ローンシステムを使用する一部のお客様は、応答に時間がかかることがありました。当社では、多数のお客様が同時に取引システムを使用している場合のITデバイスの性能と安定性についても懸念していました。2つのデータセンターで災害復旧(DR)保護を構成していましたが、障害が本番データセンターで発生した場合に、システムの切り替えにより、数時間にわたってビジネスが中断したり、データの消失を引き起こす可能性がありました。このような場合、お客様の満足度が低下し、お客様が離れていく可能性さえもありました」

V銀行のIT部門責任者はさらに続けて次のように述べています。「以前のストレージシステムでは、中央銀行によるロシア連邦の規制要件を満たすことはできませんでした。当社は高性能を確保し、ITビジネスシステムに必要な安定性と信頼性を提供するために既存のITアーキテクチャをアップグレードしなければなりませんでした」

ロシアの金融業界における大手独立系ソフトウェアベンダー(ISV)であるCFT(Center of Financial Technologies)はV銀行ABSのビジネスプロバイダーです。CFTはV銀行のITのアップグレードに対するコンサルタントであり、銀行の体制と開発ペースに基づいて、今後5年間の標準およびITプランニング要件(1ミリ秒の遅延での40万IOPSの性能)および基幹業務取引の中断ゼロという目標を掲げました。

ファーウェイは、ゲートウェイを介さないActive-Activeのオールフラッシュストレージを提供しましたが、V銀行はファーウェイのソリューションの採用を決定する前に、概念実証(Proof Of Concept、POC)の結果を要求しました。同銀行では、1ミリ秒の遅延で40万IOPSを達成するために、本番ネットワークでのデバイスの性能テスト用に15のビジネスモデルを設計し、2台のストレージデバイスの使用を計画しました。こうしたなか、ファーウェイのOceanStor Doradoストレージシステム1台で41万IOPS、1ミリ秒未満の遅延を実現できました。

急速な拡大に対応するために、V銀行はシステムの性能を重要視しました。ファーウェイのOceanStor Doradoは、スナップショットの頻繁な作成やActive-Activeストレージシステム間のサービス切り替え、ディスク障害後のデータの再構築、重複排除と圧縮時に、安定した性能をもたらしました。M&Aビジネスシステムのテストおよび開発のたびに、何度もスナップショットを作成しても、性能は安定しています。ファーウェイのOceanStor Doradoは、他社の新しいフラッシュソリューションよりも35%高い性能を実現しました。

利点

ゲートウェイを介さないActive-Active設計で、24時間365日の事業継続性を確保

V銀行の既存のデュアルセンター構成のアーキテクチャで障害が発生した場合、データが消失し、何時間もビジネスが中断する可能性がありました。基幹業務データの消失は容認されることではなく、長時間の中断は顧客の満足度に大きな影響を及ぼします。

ファーウェイのDoradoオールフラッシュストレージにより、大幅に性能が向上します。また、業界トップクラスのオールフラッシュActive-Activeアーキテクチャにより、中断やデータの消失を回避し、24時間365日事業を継続できます。ファーウェイのActive-Activeデータセンターアーキテクチャで、2つのデータセンターが40km離れた場所にあっても、1ミリ秒の遅延で40万IOPSを達成することができるため、V銀行の懸念は解消しました。

5対1のデータ削減比の実現によってTCOを5年間で50%以上削減

V銀行の拡大戦略は急速な成長を促しましたが、多額の資金がかかりました。ユニアストルム銀行との合併後は、コストを管理する必要がありました。 Huawei’s ファーウェイのOceanStor Doradoはインライン重複排除とインライン圧縮を活用して卓越した性能を提供し、スペースの使用率を高めています。このソリューションにより、消費電力と冷却コストに加え、構築とO&Mコストも大幅に削減できました。これにより、今後5年間でV銀行のTCOは50%以上削減されることになります。

ファーウェイのOceanStor DoradoオールフラッシュActive-Activeソリューションの優れた性能、高い信頼性、24時間365日の事業継続性により、V銀行の事業展開における高いレベルの要求を凌駕する結果をもたらしました。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。

      Share link to: